「俺の自己隔離日記」─米紙テック記者が、在宅勤務で正気を失うまで | オンデマンドエコノミー「検証」生活で見えたもの | クーリエ・ジャポン

ここで学んだことが一つある。在宅勤務を可能にするどんなテクノロジーも、オフィスで働いて得られる情報の代わりにはならない。今日は誰かさんの機嫌が悪そうだとか、子供が病気で仕事を休んでいる人がいるとか、電話中の同僚の会話にそば耳を立ててわかることなど、そういった情報はオフィスにいてこそ得られるものなのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/194515/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です