データから需要を見出して…実在しない“人気レストラン”の正体 | 表向きはアイスクリーム屋だけど実はハンバーガー屋? | クーリエ・ジャポン

バーチャルレストランチームは、ターゲットの地域で供給不足に気づくと、地域のレストランに接触する。たとえば、ブランチできる店が少ないというデータがあれば、「ブランチを始めれば、デリバリーサービスでの収益が見込めますよ、という具合に交渉をはじめる」とドロージは言う。店主にとっては固定費を据え置いたまま、より多くのオーダーにつながるチャンスとなる。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/146421/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です