強制帰国させるかと思いきや取りやめ…結局アメリカに留学生が必要なワケ | クーリエ・ジャポン

2018年には、留学生がアメリカ経済に450億ドルもの貢献をしていた。留学生の学費などがなくなれば運営が苦しくなる大学も少なくないし、そもそもアメリカ経済にとって打撃となる。本来、留学生はいなくては困る存在なのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/205870/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です