18世紀パリの人々はどんな音を聞いていた?─音響考古学が再現する“音の歴史” | クーリエ・ジャポン

時代を遡る驚異的なタイムマシーンだと言える。ミレーヌの推計によると、18世紀のパリの人々が聞いていた音の70〜80%が再現されている。だが、この歴史描写の音には、一切の人工的再現がない
— 読み進める courrier.jp/news/archives/209528/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です