自らの肉体を捧げ、“史上初のワクチン”を世界に広めた「22人の孤児たち」 | クーリエ・ジャポン

子供時代を過ごした地から離され、病原体を含んだ液を注射されたうえ、船に押し込められて異国の地へ連れていかれた
— 読み進める courrier.jp/news/archives/231611/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です