“宇宙よりも遠い”冬のK2登頂はこうして達成された─ネパール人登山家たちの「誇りをかけた挑戦」 | クーリエ・ジャポン

2020年、パンデミックのためにネパールの春季登山は中止となった。山から外国人登山家たちが消え、収入源を絶たれたネパールの登山業界は、退屈して不満を募らせていた。

そこで、カトマンズの旅行代理店「セブン・サミット・トレック」の会長であるミンマ・テンジ・シェルパと、彼の兄弟であるタシャとチャンダワは、K2の冬季登頂を目指すという大胆な旅行プランを立てることで、この状況を打破しようと考えた。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/232997/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です