シベリアで“残飯”を分けあった仲だった? イヌとヒトとの出会いにまつわる最新論文 | クーリエ・ジャポン

約1万5000年後、このハスキー犬に似たイヌは、ロシアを旅出つ移民と同じくイスラエルの地に渡り、そこで人もイヌも“安住”することになった。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/235942/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です