出来高払いで月給2万円…日本のアニメ産業で「使い捨て」されるアニメーターたち | クーリエ・ジャポン

アニメーターの長時間労働は、日本の労働規則に違反しているように見えるが、当局はほとんど関心を示さず、政府でさえクールジャパン計画を通してアニメを民間外交の中心的な取り組みのひとつとしている、と彼は言う。

この問題に対処するにあたって、「今のところ、国も地方も、何も現実的な戦略を持っていません。クールジャパンは無意味で、見当違いな政策です」
— 読み進める courrier.jp/news/archives/237797/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です