裁判所が警視庁へ

警察官が撮影した動画などを裁判の証拠として提出するよう求めたのに対して、警視庁は応じず、東京地方裁判所の裁判官などは、証拠を保全する必要があるとして、23日、東京・霞が関の警視庁に入りました

www3.nhk.or.jp/news/html/20180223/k10011340851000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です