京大iPS細胞備蓄事業、国支援打ち切りか 年10億円:朝日新聞デジタル

iPS細胞から移植用の細胞をつくる企業の側は、複数の型を使うことに慎重なことが明らかになった。移植用の細胞ががん化しないか、別の細胞が混じっていないかといった安全性を型ごとに確認するのは大変で、多額の費用と試験の手間がかかる。
— 読み進める www.asahi.com/sp/articles/ASMBX4DVRMBXULBJ006.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です