370年にわたる「奉納歌舞伎」の伝統が後継者不足で消えていく | 集落の伝統は幼い子供の肩に… | クーリエ・ジャポン

この祭りはある奇跡から始まったのだという。ある夏のこと、何人かの男たちが将軍の領地の森に入り、地元の寺院を再建するために材木を盗んだ。幕府が役人を派遣して調査したあと、村人たちは観音様に救いの祈りを捧げ、田峯に3世帯でも住民が残っている限りは毎年、観音様のお祭りをすると約束した。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/197887/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です