「空からビールが降ってきた!」アイルランドのパブが始めた“奇策”とは? | 新型コロナで大打撃を受けるアイルランドの「パブ文化」 | クーリエ・ジャポン

新型コロナウイルス(COVID-19)によるロックダウンのために、現在アイルランド中のパブが店を営業できない状態が続いている。そこでマッキーバーが開始したのが、ドローンを用いたこの「空中デリバリー」だ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/199723/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です