ノーベル経済学者が見つけた「理想的な出会いの法則」《前編》 | クーリエ・ジャポン

ポール・ローマーは、相手の意表をつくのが好きなタイプの学者だ。数年前から、都市の発展について講演をするとき、バーニングマンの空撮写真をしばしば使ってきた。いま世界に必要なのは「バーニングマン流の都市計画」だというのが、彼の持論なのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/180817/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です