動物性ではない「生マグロ」開発。焦点が当たったのは“寿司職人” | ハフポスト

 「Kuleanaのマグロは、鉄分や藻類の油、さまざまなタンパク質をミックスし、独自の方法で成形している」とプルス氏は述べている。Good Seed Ventures(グッド・シード・ベンチャーズ)から最初に5万ユーロ(約624万円)のシード資金を調達したKuleanaは、3Dプリント技術を使わずに生の魚の味や食感を再現できるような足場材料(培養肉を生成する土台)を開発している。
— 読み進める m.huffingtonpost.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です