「ゴミ」が高級オートクチュールに!? 中国の山道から世界のランウェイへ歩み出す青年の夢 | クーリエ・ジャポン

彼は特別なトレーニングを受けていない。しかし、堂々と歩く。それが山の小道だろうと廃墟となった工場だろうと、彼が歩けばどこでもランウェイになる。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/220063/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です