「コロナ禍の経営は“京都の餅屋”に学べ」─米紙が注目する「日本の老舗」の生存戦術 | クーリエ・ジャポン

2020年夏、100年以上の歴史をもつ企業について調査を実施した。その結果、4分の1以上の企業が、今後2年以上にわたって経営を続けるのに充分な資金があると答えた。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/225884/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です