私たちを自宅に釘付けにした男、リード・ヘイスティングス | クーリエ・ジャポン

派手なことと言えば、せいぜいポルシェに乗ってポーズをとった姿が1995年に「USAトゥデイ」の表紙を飾ったことくらい。テック企業の重役だった頃のことだ。そうした“超楽しい”だけの幼稚なことは卒業したと言って、ポルシェを売却し、トヨタのアバロンに乗り換えた
— 読み進める courrier.jp/news/archives/224572/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です