中国向け「ライオン骨ビジネス」が残酷すぎる…狩るために繁殖させ、死体から骨を抜いて金儲け | クーリエ・ジャポン

NGO「トラフィック」の報告書によれば、ワシントン条約で野生トラの保護強化策が発効された翌年、南アフリカからアジア向けのライオンの骨の輸出量は6倍に跳ね上がった
— 読み進める courrier.jp/news/archives/212581/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です