眠れないのは“月”のせい? 知らないと損する「月と睡眠の意外な関係」 | クーリエ・ジャポン

米科学誌「サイエンス・アドバンス」に掲載されたある論文によれば、月が満月に近づいていく過程で、人は寝つきが悪くなるという。

98人を対象にした実験では、29.5日間の月の満ち欠けの周期に応じて、被験者の睡眠パターンが変化した。月が最も明るくなる5〜3日前に、入眠時刻が最も遅く、また、総睡眠時間が最も短くなるという結果が出た
— 読み進める courrier.jp/news/archives/234396/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です