奪ったモノを返せ─西洋の博物館から美術品を取り戻したいパン・アフリカ活動家 | クーリエ・ジャポン

2017年11月、モーリタニアでの演説のなかで、フランスのエマニュエル・マクロン大統領はフランスの国立博物館に収蔵されているアフリカの作品の返還を約束した。

それ以来27点が返還されたと発表にはある。だが実際に返還されたのは、西アフリカの政治指導者であり、イスラム学者であり、武将でもあったエルハジ・ウマール(Omar Saidou Tall)の剣1点のみだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/235353/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です