なぜユダヤ人は「ベーグル」をゆではじめたのか? | クーリエ・ジャポン

禁令下のどこかで、ポーランドのユダヤ人たちはパンをゆではじめたというわけだ。毒など入っていたとしても洗い流されたか中和されたとキリスト教徒たちに確信させるためか、はたまた、焼き窯を使うことが許されなかったときの調理法としてだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/235378/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です