19世紀、ズボンを履くことはエンパワメントだった─自由に生きる女性たちの希望と抵抗の象徴 | クーリエ・ジャポン

「女性の異性装に関する条例」というものです。記憶では、この条例には何よりも、男性のような服装をすることを禁止することで、女性がいくつかの役職や職業に就くことを制限する狙いがありました。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/227613/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です