家畜の牛にVRを体験させミルクの質を上げる 風変わりな取り組みが関心を集める | 効果は抜群 | クーリエ・ジャポン

2頭の牛にVRゴーグルを装着。夏の緑の牧草地の映像を見せながら、普段通りに餌を与えることにした。すると、1日22リットルだったミルクの生産量はなんと27リットルにまで増加した
— 読み進める courrier.jp/news/archives/274895/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です