行列は消えて大赤字“一発屋”ファストフード店を米紙が叩きのめす!|崖っぷちミシュランシェフ奮闘記(後編) | クーリエ・ジャポン

「ベスト・レストラン101」の58位に「ローコル」を入れた。

だが、やがて行列は消えた。

開店から3ヵ月、ある日のランチタイムに訪れると、店内の客はまばらだった。向かいの小学校の副校長や、30歳くらいの白人女性が4人。店の外にではロサンゼルス市警の署長が、副署長と私服の警護部隊のメンバーと食事をしているだけで、地元住民はほとんど見当たらなかった。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/86393/

アプリ禁止の可能性も─なぜアメリカはTikTokをこれほど警戒するのか? | クーリエ・ジャポン

「米政府高官はそのアプリがデータを取り、使い、シェアする方法に疑念を持っている」という。

ここで政府関係者が注目しているのが、2017年に中国が制定した国家情報法だ。この法律では、第7条で「個人や企業は政府の情報活動には協力しなければならない」と定め、第14条では「情報機関が国民に協力を要請できる」としている。つまり、TikTokも集めたデータを中国政府に提供せざるを得なくなる、と指摘されているのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/205006/

ヴィゴ・モーテンセン「もし日本に行ったら、真っ先に外に出て…」 | クーリエ・ジャポン

何か食べておかないと朝起きたときに体重が減ってしまうから、毎晩、寝る前に食べ物を詰め込まなきゃならなかった。週末休んで月曜日に撮影に戻ると、衣装係に『ちょっとウエストに余裕ができたから、今日はランチにデザートを2つ食べて』と言われた
— 読み進める courrier.jp/news/archives/152372/

「Mr.コレエダ、あなたはまだ日本に希望を抱いていますか?」 | クーリエ・ジャポン

あるブロガーは「カネだけもらって公権力とは距離を保つってどれだけ身勝手で都合のいい解釈なんだ」と書き、保守論客の竹田恒泰はツイッターで、是枝を「万引き監督」呼ばわりした。

一方、是枝は毎日新聞の取材に対し、国からの補助金には感謝しているが、そのお金は納税者からのものであって、特定の政権からのものではないと述べている。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/153424/

お酢は酸性食品?アルカリ性食品? | 【公式】漢方サント薬局(昭和44年創業|個別カウンセリング専門)

お酢(天然醸造酢)は酢酸やクエン酸を含み、紛れもなく前者なので体内に入るまでは「酸性」を示すのですが、体内に入ると酢酸等の有機酸は分解されて酸度を失い、代わりにカルシウム、ナトリウム、カリウム等のアルカリ度が高いミネラルが残るので、ややこしい事に「お酢はアルカリ性食品」と分類されるんですね。
— 読み進める 045310.com/2012/11/23/asidity_or_alkaline/

僕の両親はロシアの敏腕スパイだった! | クーリエ・ジャポン

諜報活動は、ジェームズ・ボンドのやっているような、危険な大冒険ではありません。あんな風に行動していたら半日も持ちませんよ。
一流の諜報活動とは、“標的”が明日考えうることを察知することであり、昨日何を考えていたかを知ることではないのです。あらゆる極秘情報が保管された“金庫”があたっとしても、明日にはその中身の半分が古くなって使い物にならなくなるのですから
— 読み進める courrier.jp/news/archives/56841/

中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト

万が一決壊すれば、約30億立方メートルの濁流が下流域を襲い、4億人の被災者が出ると試算されている。安徽省、江西省、浙江省などの穀倉地帯は水浸しになり、上海市は都市機能が壊滅して、市民の飲み水すら枯渇してしまう。
— 読み進める www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-93874_2.php

沖縄県知事玉城デニー「私の父親はアメリカ人です」 | クーリエ・ジャポン

玉城氏は、日本の衆議院議員に選出された初のアメラジアン人(アメリカ人とアジア人の間に生まれた子ども)だが、ソーシャルメディア上では彼の出生について、それを冷やかすようなコメントが見られた。

あるコメンテーターは、ツイッター上で「玉城デニーは、どれだけ頑張って努力しても所詮は純粋な日本人ではなくて、不完全な“ハーフ”です」と書き込むと、別の人物も

「デニーは『私は半分アメリカ人だから、米国と話し合いをすることができる』と言っているけれども、笑わせるな。世界はそこまで楽観的ではない。だってあなたは英語を話すこともできないじゃないですか!」と書き込んだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/138275/