ルーヴルの至宝を洪水から守れ! 北フランスに生まれた「文化の要塞」 | クーリエ・ジャポン

62万点の作品を持つルーヴル美術館のコレクションは、世界最大である。パリで展示されているのはわずか3万5000点。他の3万5000点はフランス国内の美術館で保管されている。そして、25万枚を超える絵画、版画、原稿など、光を浴びると傷んでしまうものは、ルーヴルの上階の保管庫に置かれ、洪水から守られている
— 読み進める courrier.jp/news/archives/234305/

ミュージシャンが“体験”を届ける新しい生配信サービス「ヨーダ」とは | クーリエ・ジャポン

ヨーダのコンサートをスマートフォンやノートパソコン、スピーカーで聞くことはできない。コンサートは電飾の施された箱「ライトハウス(lighthouse)」を通じて配信される。

この箱は特別にデザインされたスピーカー(1組で約3万2000円)に接続される。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/234871/

眠れないのは“月”のせい? 知らないと損する「月と睡眠の意外な関係」 | クーリエ・ジャポン

米科学誌「サイエンス・アドバンス」に掲載されたある論文によれば、月が満月に近づいていく過程で、人は寝つきが悪くなるという。

98人を対象にした実験では、29.5日間の月の満ち欠けの周期に応じて、被験者の睡眠パターンが変化した。月が最も明るくなる5〜3日前に、入眠時刻が最も遅く、また、総睡眠時間が最も短くなるという結果が出た
— 読み進める courrier.jp/news/archives/234396/

コロナ禍で誰もが寂しい今、知っておきたい「孤独にまつわる5つの誤解」 | クーリエ・ジャポン

日本でも、孤独がトップ記事になる。日本ではこの20年間で60歳以上の人の犯罪率が4倍になっており、識者は社会的孤立がこの傾向の要因だと考えている。高齢者は刑務所に入るために、特に万引きのような軽犯罪を犯す。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/233593/

日本人に知ってほしい芸術家が育つ土壌の価値 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

国内のオークションでは、新たに登場してきたミレニアル世代(30〜40代)のコレクターが買い手の中心で、美術史やコンセプトが優れた作家より、イメージ先行の、わかりやすいかわいい系の絵画が人気を集めています。
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/412695