JALが明かした「世界500都市就航計画」の内実 | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今回JALが明らかにした計画では、自社便と提携航空会社との共同運航便などを合わせて世界500都市に就航を目指す。現在は344都市(うちJAL便が90、提携航空会社が253)であり、約1.5倍に増やす
— Read on toyokeizai.net/articles/-/210718

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です