破産開始決定を受けたジャパンライフ、多くの課題が浮き彫りに : 東京商工リサーチ

債権者の破産申し立ては、負債額に比例する「予納金」を債権者が立て替えなければならない。2,405億円の負債を抱えるジャパンライフの破産手続きにおける予納金は数千万円に達する可能性
— Read on www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20180302_01.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です