相次ぐ台風接近で水温低下 沖縄通過した台風10号、暴風域ができなかった理由 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

最大風速は多くの地点で20メートル以下の強風にとどまった。沖縄気象台は台風が発達しなかった背景として「沖縄近海の海面水温が平年より低いことや、強い太平洋高気圧が影響した」と説明
— 読み進める www.okinawatimes.co.jp/articles/-/287120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です