ゴーギャン展はもう開催すべきではない? | 過去の傑作の再評価を迫られる美術界 | クーリエ・ジャポン

「ゴーギャンの作品は、もう一切見るべきではない時がきたのだろうか」——こんな驚くべき問いを、ロンドン・ナショナル・ギャラリーで開催中の「ゴーギャンの肖像画展」の音声ガイドは来館者に投げかける。ジェンダーや人種、植民地主義をめぐる問題に対して社会が敏感になるなか、美術館はゴーギャンの遺産の再評価を迫られている。複数の少…
— 読み進める courrier.jp/news/archives/184185/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です