外出禁止でリサイクル減少、コロナ前の価格では販売できない状況に? | コロナ危機を機に「エコ」のエコノミカルな面を見直そう | クーリエ・ジャポン

リサイクル品ならどれも同じというわけではない。家庭でリサイクルされる缶、ボトル、容器は、オフィス、小売店、レストランなどの商業施設で分別されたものより汚れていることが多い。前者は、回収も(トラックが回るのが何百戸か、数社で済むか)、分別もより高くつく。コロナ以前に商業リサイクルがアメリカ市場全体の半分以上を占めていた
— 読み進める courrier.jp/news/archives/199000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です