この色がなければ、スティーブ・ジョブズの“革命”もなかった|知られざる「色彩の錬金術師」 | クーリエ・ジャポン

63年に「パントン・マッチング・システム」を発売した。

このシステムは革新的で、きわめてシンプルだった。特定の色を作るための色材の配合を正確に測り、すべての色に番号をつけたのだ。

そして、ナンバリングした色を本にまとめ、それらの色を印刷業者が確実に再現する「手段」として販売したのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/122128/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です