世界最速から陥落、「上海リニア」無用の長物に? | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

乗客を乗せた通常の営業運転でも最高時速430kmと、切符さえ買えば「誰でも世界最高速が楽しめる鉄道」として親しまれてきた。

ところが、新型コロナウイルスの感染拡大のあおりで利用客が激減。運行は継続しているものの、今春から全列車の最高速度を時速300kmに引き下げてしまった。運行会社は理由を公表していないが、乗客が減少する中での運行コスト削減のほか、施設の老朽化などを指摘する声も
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/352643

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です