ゴーストタウンで孤独とともに暮らす人は「どんなことを考えて生きているのか」 | クーリエ・ジャポン

起業家のうちの1人であるブレント・アンダーウッドは、3月、1〜2週間ほど宿泊するつもりで寂れたこの町へやってきた。しかし、パンデミックが発生したうえに季節外れの大吹雪に見舞われ、帰れなくなってしまった
— 読み進める courrier.jp/news/archives/204264/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です