行列は消えて大赤字“一発屋”ファストフード店を米紙が叩きのめす!|崖っぷちミシュランシェフ奮闘記(後編) | クーリエ・ジャポン

「ベスト・レストラン101」の58位に「ローコル」を入れた。

だが、やがて行列は消えた。

開店から3ヵ月、ある日のランチタイムに訪れると、店内の客はまばらだった。向かいの小学校の副校長や、30歳くらいの白人女性が4人。店の外にではロサンゼルス市警の署長が、副署長と私服の警護部隊のメンバーと食事をしているだけで、地元住民はほとんど見当たらなかった。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/86393/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です