BMWがライバル会社ベンツ社長の退任に捧げた、心温まるコマーシャル | クーリエ・ジャポン

「ついにベンツとお別れし、人目をはばからずBMWに乗ることができるようになった!」

そんな皮肉とユーモアを込めた、BMWからのメッセージである。だが、コマーシャルはここで終わらない。画面は暗転し、最後にこんなテロップが流れる。

「ディーター・ツェッチェ、長年にわたる刺激的な競争をありがとう」
— 読み進める courrier.jp/news/archives/163357/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です