ベテランホストが嘆く、変わり果てた「Airbnbの真実」 | クーリエ・ジャポン

今後も事業を拡大していくためには、さらに脱皮する必要がある。

これまでAirbnbの物件は、空き部屋や空き家、はたまたモンゴル風テントなど、“何でもあり”なところが特徴だった。だが今後は、予想を裏切らないホテルのようなサービスを求める旅行者を、獲得しなくてはならないのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/94389/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です