広島・長崎への原爆投下を決断したトルーマンの孫、75年後の揺れる想い | クーリエ・ジャポン

不可解なのは、ヒトラーのように残虐でもないトルーマンがなぜ原子爆弾を使ったのかということです
— 読み進める courrier.jp/news/archives/208145/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です