米紙「落とす必要のない原爆を我々のリーダーは落とした」 | クーリエ・ジャポン

1945年のアメリカ陸軍及び海軍の指揮官8名のうち7名が、辛辣な評価を下している。

ドワイト・アイゼンハワー、ダグラス・マッカーサー、ヘンリー・アーノルド、ウィリアム・リーヒ、チェスター・ニミッツ、アーネスト・キング、ウィリアム・ハルシー──彼らはそれぞれ「原爆は軍事的に不必要であった」、あるいは「道徳的に非難されるべきものであった」と書き残している。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/208726/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です