「給湯室のグレタ」に怒られる! これぞシュールで効果抜群なプラゴミ対策 | クーリエ・ジャポン

プラスチックのスプーンやフォーク、紙コップなどが置かれている場所に、トゥンベリの写真を貼ることで、従業員らの環境意識を高めようという狙いだ。彼女の批判的な目に見つめられたら、使い捨てのプラスチックや紙類に伸びた手も止まるだろうというわけだ。

イスラエル紙「ハアレツ」によると、こうした動きは「グレタ・シェイミング」と呼ばれ、テルアビブやエルサレムの企業の間でトレンドになっている
— 読み進める courrier.jp/news/archives/181221/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です