アメリカの「リサイクル」が東南アジアを地球の“ごみ箱”にする─英紙が暴いた驚愕の事実 | クーリエ・ジャポン

本紙の取材に応じた役人は、住民らと同様に、町で処理されるプラスチックがフィリピン国内から出たごみだと思っていた。アメリカから輸送された廃棄物が混じっていたことに、誰も気づいていなかった
— 読み進める courrier.jp/news/archives/170703/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です