日本の寿司の元祖「なれずし」は古代東南アジアに起源があるのか? | クーリエ・ジャポン

塩の量や温度で味はかなり変わります。これまで数え切れないほどの試作をしては、たくさんの失敗を繰り返してきました」

ツンとした刺激のある完璧ななれずしを作る秘訣は、常に五感を頼りにすることだと言い切る──「脳みそではなくてね」
— 読み進める courrier.jp/news/archives/231175/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です