スペインと日本を結んだ貿易船が石巻「復興のシンボル」に | クーリエ・ジャポン

子供たちが日本人の複雑な姓を発音しなければならない不幸を避けるために、洗礼を授けた司祭が彼らを「ハポン」という姓で登録したに違いない、という説も出ている。こうして、今でも600人以上のコリア住民が「ハポン」姓を維持しているというわけだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/236036/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です