米、中国への追加関税を90日猶予 首脳会談で合意: 日本経済新聞

両国は(1)米企業への技術移転の強要(2)知的財産権の保護(3)非関税障壁(4)サイバー攻撃(5)サービスと農業の市場開放――5分野で協議し、90日以内に結論を得るとした。両国が90日以内に合意できなければ、2000億ドル分の関税は10%から25%に引き上げる。

【ブエノスアイレス=河浪武史】米中両国は1日開いた首脳会談で、米国が中国への追加関税を猶予すると決めた。米中は貿易問題で協議を続け、中国の知的財産保護やサービス分野の市場開放などで妥結点を探る。
— 読み進める r.nikkei.com/article/DGXMZO3844499002122018000000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です