「リュウグウノツカイ」次々…原因不明 : 地域 : 読売新聞オンライン

リュウグウノツカイは水深200~300メートルに生息しているとされ、銀白色の細長い体と赤いひれが特徴。今回の個体の体長は394・8センチ
— 読み進める www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20190129-OYTNT50143/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です