CNN.co.jp : 新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病

2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。
「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」
— 読み進める www.cnn.co.jp/fringe/35151218.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です