“次に何をすべきか”の先頭に立つドイツの「抗体検査」事情 | 経済再開の手がかりとなるのか? | クーリエ・ジャポン

米国を含む他国は、いまだに感染の有無を調べる検査に四苦八苦している。しかしドイツは、それ以上の取り組みを行っている。今後数ヵ月で、全人口の血液を採取して抗体を調べようとしている
— 読み進める courrier.jp/news/archives/198173/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です