原子力潜水艦元艦長が助言「家で過ごすのがつらくても、そこには意義がある」 | 閉鎖空間で過ごすために必要なこと | クーリエ・ジャポン

15日目頃から、時間がゆっくり流れ出します。25~40日目の期間は一日が延々と続くように感じられます。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/197936/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です