米ミステリー作家が「ダイヤモンド・プリンセス」下船後に明かした検疫隔離生活 | そのとき、贅沢なバカンスは完全に終わった… | クーリエ・ジャポン

彼らはできるだけ私たちと距離を置いて立ち、腕を目一杯伸ばして私たちの体温を測る。私たちは人間性を奪われたように感じる。社会ののけ者か不可触民のように……。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/193564/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です