メーガン妃も愛用の「人工ダイヤ」が旬? 業界に起きる大変革 | ディカプリオが投資、アップルの元デザイナーも設計 | クーリエ・ジャポン

世界一の生産量を誇るデビアス社は2019年1〜2月の売上高が9億ドルだったが、これは16年以来の最低額だった。値段においてとくに落ち込んでいるのが、0.13〜0.42カラットの小さいサイズのダイヤモンドで、2011年以来最低を記録
— 読み進める courrier.jp/news/archives/166891/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です