漱石の英国滞在と日本の近代化「自転車に御乗んなさい」 | 英国の歴史学者がたどる「日本のディケンズ」(上) | クーリエ・ジャポン

近代都市ロンドンの社会や建築の風景にメランコリックに入り込んでいった。その経験こそが、どこにでもいる平凡でシャイな英語教師だった漱石を「日本のチャールズ・ディケンズ」とも言うべき大作家へと変貌させた
— 読み進める courrier.jp/news/archives/81521/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です